人気タイトル

最近の記事



ipodacc_120-60.gif






過去ログ

リンク

プロフィール

脳内飛行士

Author:脳内飛行士
一瞬で通り過ぎる毎日を
ふらふらと飛び回る夢想家

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

脳内飛行
PC・ネット・IT関連の気になる事柄をわりと真面目に好評妄想中です!

Google
 
Web nonaihiko.blog33.fc2.com

<このGoogleサーチは本ブログ内のキーワード検索に対応しています>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型iPodに念願のリモコン登場!
 1月11日、ついに新型iPod用のリモコンが登場しました。(万歳!!!)
かねてから新型iPodはリモコンが廃止されたということで購入者(筆者本人)に大変不評だったiPod with videoですが、ついにこの第五世代iPodでも使える有線リモートコントローラーApple Radio Remoteが登場しました。

 この日ちまたではIntel Core Duo採用Mac登場の話題が一番のにぎわいを見せていた「マック・エキスポ・サンフランシスコ 2006」ですが、僕個人としては新型iPod用のリモコンを出してくれたことの方が嬉しいニュースでした。(その理由は次回分で説明する予定)

 さて、そのリモコンについてですが、形態としてはヘッドフォンケーブルにiPod Shuffleの操作ボタンをくっつけたような代物でiPod底部のDockコネクタに接続して使用するようになっています。iPod nanoとiPod with videoとで互換性があります。そして今回もまた液晶画面表示などのおごった仕様にはなっていません。しかし、このリモコンを装備するとなんとFMラジオを聴く事ができるようになるのです。ようやくiPodにメーカー標準でラジオを聴くことができるアクセサリが登場したのでした。
 
 ただし、このリモコンの売りの一つである「RDS(Radio Data System)」に関しては現在日本ではまだ対応していないらしいので、その時聴いているラジオの楽曲データ(アーティスト名、ラジオ局情報など)をiPodのディスプレイで表示させるということはできないのが少々残念ですね。

 ラジオの入力感度は如何程なのか、リモコンの使い勝手はどうかといったレビューも含めて追々と書いていけたら良いと考えていますが、本日アップルストアで購入した段階で出荷予定日が2-3週間となっていましたので、実際に手元に届いて使用感などをお伝えできるのはまだ先ということになりそうです。

 あと現状見た限りで言うとすればですね、個人的には液晶表示装備のリモコンを出して欲しかったです。この製品の税込み5,800円という値段を考えると正直なはなし少々しょぼいのではと思えなくも無い部分も多々あり、それだけの値段であればソニー・松下なら当然液晶表示も押さえているであろうと思え、やや気になりました。

 極端なことを言えばFMラジオが聴けることよりもiPodの正確な操作情報&ファイル情報を手元で知ることができるということの方が現状のiPodには重要なことで、ラジオが聴けるというのは二の次で良いことのように感じました。どうせコネクタで充電したり、ドックに挿したままラジオを聴くといった使い方はできないのでしょうし…。

 ただそうは言っても、そもそもこの商品は商品名であるApple Radio Remoteということからもわかる通り、ラジオがメインの商品であり、むしろリモコンの方が二の次くらいのコンセプトで作られたものであるかもしれないこともあり、故に仕方ないかも…むむむっ…。

まあでも、何はともあれリモコンが登場したことは大歓迎です。これで晴れてiPod Videoを外に持ち出す事ができるようになったということです。良かった良かった。


テーマ:Apple/Mac,iPod,OSX,etc... - ジャンル:コンピュータ

iPod Videoの動画変換にはこれ使っときなさい。
僕が今回あまりオススメしていない5G iPodのiPod Videoですが、何だかんだで結構売れているみたいですね。
 オススメしていなくても「お前も買ったんだろうが!」と言われてしまえば仕方のないことなので、今回はしょうがなく5G iPodであるiPod Videoを買ってしまった人のためにいろいろ書いてみたいと思います。

 今回iPodを買った人というのは、当然のことながらわざわざ4G iPodから買い換えた人も多いはずですから、やはり動画再生について魅力を感じたのでしょう。僕もそうです。ところが、(また批判になってしまうかもしれませんが)この動画再生について実はAppleの対応はあまり良くない。

 せっかく動画を見られるiPodを買ったわけですから、自分の持っている動画ファイルをiPodで見たいというのは当たり前のことです。しかし、iPodで再生するためには今もっている動画をiPodで再生できるフォーマットに変換する必要があります。

 ところが動画ファイルの変換がAppleのQuickTimeは駄目駄目なんです。オリジナルの動画をiPodで再生できるフォーマットに変換するのに実再生時間の10倍くらいかかったりします。もうたまったもんじゃありません。今どきの動画データエンコードの次元じゃありませんね。
 
 では、何がオススメかというとですね。

Windowsユーザーには、「携帯動画変換君」が一番でしょうか。
「携帯動画変換君」はPSP動画作成で定番だったのがiPod対応になったものです。変換時間もダントツです。もちろんフリーソフトです。

もう一つは英語版ですが、「Videora iPod Converter」が割といい感じです。
こちらはPSP動画作成で高性能なフリーソフト「PSP Video 9」と同じ「Videora Holdings」製です。ここのソフトはフリーソフトでありながら高機能なのが良いですね。

Macユーザーには、「MPEG-Exporter-TNG」がオススメですかね。
こちらはffmpegのフロントエンドという扱いなのでMacOSXにffmpegをインストールした上で動くといったソフトです。

どれもDivXファイルやキャプチャーカードで録画したm2pファイルなどを直接読み込んでiPodで再生できるmpeg4形式に変換してくれるのでとっても便利です。

テーマ:Apple/Mac,iPod,OSX,etc... - ジャンル:コンピュータ

第五世代iPod、iPod Videoの良いところはココだけ!
前回ウェブ上のAppleStoreとサポートのお姉ちゃんにやられたという話に引き続き第五世代のiPod Videoの話の続き。

…で、そんなことがありながらも無事に第五世代のiPod が手元に届いた。ビデオが見られるということ以外は前回と同じディスク容量でのボディ厚が薄くなり軽くなったということと、表面が初代iPodと同じような(というかiPod nanoと同じような)フラットなデザインになったということを除き、その他はいろいろ細かく言われている程大まかには嬉しい変化はない(と思う)。
 このiPodのオススメはやはりムービーの再生に尽きる。それを望まない人はわざわざ第四世代iPodから買い換える必要はないように感じる。スティーブ・ジョブスが「ハードディスクタイプのiPodはそろそろ買い換えの頃だろう?」なんて言ってるけど、全然必要なし。しかも液晶面積、ミニピンジャックの位置が変更されているため人によっては今使っているケースも買い換えになることを覚悟しよう。 特に音楽をメインに聴くという人は、なおのこと
[READ MORE...]

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ


ブログ検索


おもしろいブログを紹介中

フィード

カテゴリー

ウイルスセキュリティ


なぜだか売れている本
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方

話題のロストを一気に見るなら
LOST
LOST DVD Box 日本版8月2日登場

ダントツ人気爆走中!
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。