人気タイトル

最近の記事



ipodacc_120-60.gif






過去ログ

リンク

プロフィール

脳内飛行士

Author:脳内飛行士
一瞬で通り過ぎる毎日を
ふらふらと飛び回る夢想家

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

脳内飛行
PC・ネット・IT関連の気になる事柄をわりと真面目に好評妄想中です!

Google
 
Web nonaihiko.blog33.fc2.com

<このGoogleサーチは本ブログ内のキーワード検索に対応しています>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番号ポータビリティ導入でどうなる携帯キャリア?
 11月22日、携帯電話会社を変更しても電話番号が変わらない「番号ポータビリティ」制度を来年11月1日までに導入することを情報通信審議会が決めた。

 いよいよ来年にはユーザーが電話番号に縛られずに携帯キャリアを選ぶことができるようになるわけだが、当の携帯電話各社は戦々恐々としているかもしれない。
審議会で検討中の時から言われていたことだが、このサービスには結構な手間と金がかかる。当然その分の負担はユーザーに頼らざるを得ないのだけど、各社値下げ合戦を繰り広げている中でそれを露骨にユーザーから徴収するわけにもいかず、いかに上手く徴収するかがこれからの各キャリアの腕の見せ所になるだろう。

◎「やはり強そうau人気」
 各キャリアの現状のサービス状況だと間違いなくDoCoMoからauに流れるユーザーが大量に発生しそうだ。auは昨年あたりから着実に力をつけてきている。当初はDoCoMoの独走が続いていたが徐々にauの人気が出始め最近ではその人気は本物になってきている。潜在的な”auいいなぁ”信者は相当数にのぼるのではないか。”電話番号さえ変わらなければいつでもauに乗り変えたい”という声はよく耳にすることだ。

 このauの人気は何だろう。さかのぼって考えた時に思い当たるのは、古くは2000年初頭のauのキャンペーンで豊川悦司、永瀬正敏、浅野忠信という当時では考えられないような超豪華メンバーが共演した一連のプロモーション展開だ。
[READ MORE...]

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

ロケーションフリーをウォークマンで
小寺信良さんはご自身のブログ「コデラノブログ」の「さらに次のウォークマン」で「ウォークマンの起死回生の方法はロケーションフリー対応だ」と書かれている。僕も同感である。
 
 今回のAppleの5G iPod(iPod Video)は動画再生ができるiPodとして人気を博しているが、純粋に携帯型動画再生プレーヤーとして考えると作りがあまい。
 その点、本来ならこの手のものを作らせたらSONYの方が格段に良いものを作りそうなのだが、上手くいっていない。「モノづくりのSONY」というブランドがAppleのブランド、iPodというブランドに負けてしまっている。製品としてならSONYの方がいくらでも高性能な良いモノを作れそうなのに(パーツの自社開発とか超寿命のバッテリーとか)最近のSONYは何かがズレてしまっているようだ。

今のSONYに欠けているのは、はっきりこれだとは言えないがAppleのiTMSような大胆な”サービスを自社の製品と結びつけて構築する能力”といったものではないだろうか。
製品自体のデザインの良し悪しや、ソフトウェアとの連携などのアドバンテージはあるとしてもSONYがやろうとしてできないことはないだろう。そこまで俯瞰で製品とサービスを結びつけてブランドを構築するということができていなかったということと、著作権保護機能や自社のATRACフォーマットを引きづりすぎて、ユーザーにとってどういう製品が嬉しいのかということをないがしろにしたことが最近のウォークマンの低迷に繋がっているように感じる。

[READ MORE...]

テーマ:ソニー バイオ - ジャンル:コンピュータ

Yahoo! オークション。データマイニング導入で何が変わるか。
11月14日、ヤフー がインターネットオークションサービス「Yahoo!オークション」での、知的財産権侵害などの不正出品や架空出品による詐欺の取り締まりを強化することを発表したが、その不正検知のためにデータマイニング技術を応用したシステムが利用されることになった。

 データマイニング技術は日本が抜きん出ている。よく知られているのは金融機関での利用で、クレジットカード会社などではカードの不正使用を検知するために利用していると言われる。
 
 顧客のクレジットカード利用状況をデータベース化して、普段の使用動向と明らかに違うパターンが検知された場合には顧客に確認を求めたりカードの使用を停止したりして被害の軽減に役立てている。欠点として、特定の顧客のカード利用の動向をデータベース化する上で、ある程度の期間が必要になることと使用状況が不規則な顧客の場合には不正使用かどうかの判断がつき難いといったことがあげられる。

 今回ヤフーがオークション取引での不正検知のためにデータマイニング技術を利用することになっているらしいが、まずは顧客の出品状況、取引を全てデータベース化しなくてはならない。まあ、もともと「Yahoo!オークション」自体がネットでの取引を前提としたシステムなので、ある程度の利用状況は既にデータ化されていると思うので、それ自体はそれ程難しいことではないだろう。

 大変なのはその膨大なデータベースから目的となる相関ルールを”いかに高速かつ正確に抽出できるようにするか”のまさに”データマイニグ”のシステム構築だろう。今回ヤフーはこのシステム構築の為に約1億円をかけるという。凄いですね。
 ここでおもしろいことが予想される。
[READ MORE...]

テーマ:最近の気になるニュース - ジャンル:学問・文化・芸術


ブログ検索


おもしろいブログを紹介中

フィード

カテゴリー

ウイルスセキュリティ


なぜだか売れている本
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方

話題のロストを一気に見るなら
LOST
LOST DVD Box 日本版8月2日登場

ダントツ人気爆走中!
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。