人気タイトル

最近の記事



ipodacc_120-60.gif






過去ログ

リンク

プロフィール

脳内飛行士

Author:脳内飛行士
一瞬で通り過ぎる毎日を
ふらふらと飛び回る夢想家

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

脳内飛行
PC・ネット・IT関連の気になる事柄をわりと真面目に好評妄想中です!

Google
 
Web nonaihiko.blog33.fc2.com

<このGoogleサーチは本ブログ内のキーワード検索に対応しています>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド映画各社が本気ダウンロードサービス開始!!
CNETによると4月3日、米大手の映画会社7社がとうとう映画のダウンロードサービスの提供を開始するという発表をしました。


 米国の大手映画会社7社は米国時間4月3日、映画のデジタルダウンロードサービスの提供を今週から開始すると発表した。Warner Bros.、Universal Pictures、ソニー・ピクチャーズ、Paramount Pictures、Twentieth Century Fox、MGMの6社はオンデマンドビデオ配信サービスのMovielinkを通じてダウンロード用コンテンツを提供する。一方、ソニーは、Lionsgateとともに、ダウンロード型映画配信サービスのCinemaNowも利用するという。

 ただし、これらのサービスにはマイナス面もある。ダウンロード可能な新作映画の価格は、少なくともMovielinkの場合20~30ドルで、DVDソフト1枚の価格に匹敵する。旧作映画でも10~20ドルと決して安くはない。

 その対価として、Movielinkからダウンロードした映画はDVDに記録できる。ただし、DVDの再生はPCに限定され、DVDプレイヤーで再生しようとしても技術的に阻止される。また、ダウンロードした映画は2台のPCにまで転送可能だが、携帯型ビデオプレイヤーへの転送はできない。

 一方のCinemaNowは、DVDへの記録や他のPCへの転送は一切禁止で、少なくとも現時点ではまだ認められていない。




価格的にはまだDVDを買った方が良いと思えてしまいますが、これは最初だけのことでしょう。どちらかというと大手映画会社側が自社コンテンツのダウンロードサービスの提供に本格的に乗り出したということの方が事件でしょう。

ダウンロード販売価格を押さえることができるようになれば爆発的にユーザーの支持を得られるようになるんじゃないでしょうか。

レンタル用DVDのように各映画の前半に広告を入れたり、複数のオンデマンドビデオ配信サービスへのコンテンツ提供を行うなどすればユーザー数の増加に伴い低価格化するのに長い時間はかからないでしょう。

新作映画1本が500円以下でダウンロードでき、旧作タイトルも常時数千本用意されるような規模で展開されるようになると現在のレンタルビデオショップにとっては脅威になるでしょうね。

Appleのポッドキャスティングでの映画ダウンロードの動向が気になります。

スポンサーサイト

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nonaihiko.blog33.fc2.com/tb.php/37-2a0f8e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ検索


おもしろいブログを紹介中

フィード

カテゴリー

ウイルスセキュリティ


なぜだか売れている本
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方

話題のロストを一気に見るなら
LOST
LOST DVD Box 日本版8月2日登場

ダントツ人気爆走中!
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。