人気タイトル

最近の記事



ipodacc_120-60.gif






過去ログ

リンク

プロフィール

脳内飛行士

Author:脳内飛行士
一瞬で通り過ぎる毎日を
ふらふらと飛び回る夢想家

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

脳内飛行
PC・ネット・IT関連の気になる事柄をわりと真面目に好評妄想中です!

Google
 
Web nonaihiko.blog33.fc2.com

<このGoogleサーチは本ブログ内のキーワード検索に対応しています>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPodが7,900円になったよ!
 2月7日の夜、アップルがiPod Shuffleを3,000円以上値下げして512MBモデルで7,900円、1GBモデルで11,900円と本体価格を値下げしました。しかも、iPod nanoに新しく1GBモデルが登場! こちらは17,800円です。

 iPod Shuffleの1GBモデルとnanoの1GBモデルの価格差は5,900円。液晶付きか液晶無しかがこの差で決まりそうです。でもホイールが付いているか付いていないかという部分も操作性に大きな差が出るので5,900円の差を高いとみるか安いとみるかは微妙なところ。

 いやしかし、いまだに高速転送が可能なUSB2.0仕様の512MBフラッシュメモリーが1万円以上で売っていたりもするご時世のなか、今回のiPod Shuffleの価格がどれほど破格なのかがわかります。どうせUSBフラッシュメモリーを買おうと思っているならiPod Shuffleを買う方がお得かもしれません。アップルで512MBのフラッシュメモリーを買ったら音楽プレーヤーも一緒に付いて来ちゃったといった感じでしょうか。

 こうなってくると低容量のフラッシュメモリータイプの音楽プレーヤーで押している韓国勢や他の国内メーカーは一気にアップルにシェアを奪われることになるでしょう。あと、アップルがメモリーを大量に買い込み過ぎてバルクのメモリーとかが供給不足におちいって値上がりとかしそうですね。

 ちなみにiPod Shuffleとnanoの各モデルの価格差は
iPod Shuffle 512MB 定価7,900円ーーーーーーーー
                 価格差4,000円
iPod Shuffle 1GB 定価11,900円ーーーーーーーーー
                 価格差5,900円
iPod nano 1GB 定価17,800円ーーーーーーーーーー
                 価格差4,000円
iPod nano 2GB 定価21,800円ーーーーーーーーーー
                 価格差6,000円
iPod nano 4GB 定価27,800円ーーーーーーーーーー

となっています。



スポンサーサイト

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ

Google Videoで PSP & iPodムービーをダウンロード
GoogleでGoogle Videoのベータサービスが行われています。
ここで紹介されているムービーは有料のものの他に、iPod with videoやPSPで再生できて無料でダウンロードできるようになっているものがあります。
googlevideo.jpg

たくさんあるムービーの中からダウンロードできるコンテンツを見てみました。
Square-enixから1月26日に発売されるダージュ・オブ・ケルベロス DIRGE ofCERBERUS -FINAL FANTASY VIIのPVが紹介されていました。

とても綺麗なグラフィックですね。時間も5分以上あり、かなり見応えがあります。
これに影響されて早速ゲームの方を予約してしまいました。

サイト上でそのまま再生されますが、iPod with videoやPSPで見ることができるMpeg形式のファイルをダウンロードすることも可能になっているようです。


テーマ:Apple/Mac,iPod,OSX,etc... - ジャンル:コンピュータ

iPod新型リモコン届きました!- iPod Radio Remote-
『iPod Radio Remote』到着

最近の流れで更新が滞ってしまっていたのも束の間、本日『iPod Radio Remote』が届いてしまいました。前回のブログの後『MacBook Pro』のことを書き、その後で『iPod Radio Remote』が届いたら続きを書こうと思っていたのですが、『MacBook Pro』なしでそのまま前回の続きという構成でお送りすることになってしまいました。すみません。

あと今回デジカメが調子悪くて携帯電話のショポいカメラで撮影しているので写真がやや見にくくなっています。



やはり美しいアップルクオリティ
(しかし、写真はキタナい脳内飛行くおりちー。ほげー)

まず外箱から
radioremote01.jpg

相変わらずアップルならではの綺麗なパッケージングです。

クリアケースの上部から抜き出します。
radioremote04.jpg


クリアケースから出してみました。
redioremote02.jpg


中身を出すときは外箱の上を無理やり開けるのではなく、この部分の
パーツごとはずすようにすると外箱を壊さずに済み、すんなり取り出せます。
radioremote03.jpg




コネクタ形状に変化あり

リモコン本体です。
radioremote05.jpg

写真には写ってませんが、iPod本体を買うと一緒に入っているものと同じイヤフォンとイヤフォンカバーが別に付属しています。

リモコンのコネクタ部分はiPodに付属しているケーブルのコネクタと違い、コネクタ側面のラッチを操作する機構が省かれています。そのためサイズは白い部分の天地が従来のもののほぼ半分の高さになっています。

iPod本体との着脱は、付けるときは普通のDockコネクタと同じ要領で差し込みます。しかし抜くときは従来のものと違い、手で力まかせに引き抜くことになります。ただ現物は特に堅く抜きにくいわけでもなく、グラグラしたり簡単に抜け落ちてしまうようなこともないです。

気になる点はコネクタの白い部分の天地が約二分の一と小さくなったために少々つまみにくく、指の大きい人や厚手のiPodケースを使用している人の場合、無理やり引き抜くときにどうしてもコネクタ部分ではなくケーブルの根元を持つかたちになってしまうため、長く使い続けているとこのケーブルの根元部分から劣化していきそうです。



ボタンはShuffleと同じ?

操作ボタンのサイズ、形状、色もすべて『iPod Shuffle』とほとんど同じです。流用でしょうか。『Apple Remote』のボタンともサイズ、形状は同じですが、こちらはリング状のボタンの色がグレーではなく全て白なので違います。ボタンの操作感は再生ボタンのみ『iPod Shuffle』よりクリック感がはっきりしています。(あくまで僕のもっているものとの比較です)その他のボタンについてはほとんど違いを感じませんでした。



アルミ素材採用

リモコンの裏側です。(写りがひどいですが)
radioremote06.jpg

アップルのリンゴマークと『Designed by Apple in California』の文字が入っている
裏面はアルミ製のクリップになっています。

本体上面からクリップを開いた状態を撮影
radioremote07.jpg

あまり厚手の服は挟めないと思いますが、実測で6ミリは開きました。しっかりとかみ合わせも付いているので簡単には落ちないようになっています。ただ挟む力はそんなに強くありません。洗濯ばさみの約半分ほどといった感じでしょうか。上部の突起はホールドスイッチ。



FMラジオはココをチェック!

iPod with videoにつないだ状態
radioremote10.jpg

『iPod Radio Remote』をつなぐとメニュー項目に『ラジオ』が追加されます。ただし、このためにはiPod本体のiPodソフトウェアのバージョンが1.1以降になっている必要があります。iTunesにつないだ時に自動でアップデートするか、Appleのサイトでアップデータをダウンロードして手動でアップデートすれば良いでしょう。『ラジオ』メニューはiPod Radio Remoteを接続した時のみ表示されます。

『ラジオ』を選択した状態
radioremote09.jpg

普通にラジオを選択したままだと周波数が米国になっているので日本の放送が聞けません。iPodの設定項目に『ラジオの地域』という項目ができているはずなので、ここの地域を『日本』にします。

この地域は日本の他に『USA』と『ヨーロッパ』があります。海外に行った時にはこの部分を変更することで現地のラジオ放送が聴けるということになります。でも『日本』以外のアジア地域の放送が拾えるかは実験してみないとわかりませんね。

ラジオの地域を日本にすると
日本のFM放送が受信できるようになる(赤い光はカメラの写り込みです)
radioremote11.jpg

『センター』ボタンを一回押すと画面の下部に周波数メーターが出てきます。そしてクリックホイールを回すとラジオの周波数を変えられます。下部の周波数メーターが出ていない状態でクリックホイールを回すとボリューム調整ができます。




さらに細かく設定

周波数を決定したらiPodの『センター』ボタンを小さい三角マークが表示されるまで押し続けます。三角マークの表示された周波数はプリセットされて次回以降『早送り』『巻き戻し』ボタンで一発選曲できます。プリセットした周波数は次回以降も記憶されました。

とりあえず『インターFM』『J-wave』『東京FM』『NHK-FM(東京)』『横浜FM』と五つの局を登録してみました。最大プリセット数はいくつなのか把握できていませんが、一つしか選べなかったり、電源を落とすとプリセットが消えてしまうということはないです。

プリセットを解除したい場合はその周波数を表示させたまま、三角マークが消えるまで再度『センター』ボタンを押し続ければOKです。

気になった部分はプリセットした周波数の放送局名を表示できないところです。周波数メーターにプリセットされた周波数の位置にそれぞれ三角の印が付き、現在選択されている周波数の表示がされるだけで放送局名を表示させることはできません。日本の放送局がRDSに対応するようになればもう少し気の利いた表示ができるようになるかもしれません。



ラジオ単体としては、???

さて肝心のラジオの受信性能ですが、既に言われているように感度はかなり良くないです。あくまでリモコンの付属機能と割り切った方が良いかもしれません。僕の地域では室内で受信するのはかなり難しい状態でした。ただし、外に出れば比較的良好な状態で受信することができました。

一部で言われているようなモノラルではなく、きちんとステレオで受信できます。ただ、音質は劣化しているように感じました。ラジオだけではなく『iPod Radio Remote』をつなぐと確実にiPodの音質は低下するようです。それ程神経質に気になるレベルではないのですが、iPodを音質重視で使っている方にはあまりオススメしません。




iPodリモコンは何処へ

僕の場合はとにかくリモコン機能を使用できるというだけで重宝するものなので気にしませんが、価格に見合っているかどうかは少々疑問の残る製品ですね。気持ちとしては税込み3,500円だったら、まあ納得かなといったところでしょうか。ラジオと音楽との切り替えをするのに結局カバンから本体を出さないといけなかったりして、ラジオとリモコンの融合がいまいち機能的にできていない部分が残念です。

前から何回も言ってますが、せめて液晶表示が付いていたらまだ納得できるのですが。コスト的に無理なんでしょうか。でも、アップルユーザーだったら必要だと思った機能が備わっていれば、多少価格が上がろうがおかまいなしに買っちゃうんじゃないでしょうか。現に今の機能で今の価格でこの製品かなり売れちゃってるみたいだし。ここはやはり、日本のサードパーティにがんばってもらうしかないんでしょうかね。逆にそれで低価格、高機能なリモコンを作ることができたらその製品は世界中で大人気になるってことなわけで。どうでしょう国産メーカーさん。



テーマ:Apple/Mac,iPod,OSX,etc... - ジャンル:コンピュータ


ブログ検索


おもしろいブログを紹介中

フィード

カテゴリー

ウイルスセキュリティ


なぜだか売れている本
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方

話題のロストを一気に見るなら
LOST
LOST DVD Box 日本版8月2日登場

ダントツ人気爆走中!
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。